契約者配当(金)

保険基礎用語集の解説

契約者配当(金)

生命保険会社において、年度決算で生じた剰余金契約者に分配する制度をいい、これによって契約者に支払われる配当金が契約者配当金である配当金は保険種類、被保険者の性別、加入年齢、加入後の年数、保険期間など、剰余金を生み出す度合に応じて個々の契約に対して公平に割当てられます。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android