コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥入瀬渓流 オイラセケイリュウ

3件 の用語解説(奥入瀬渓流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おいらせ‐けいりゅう〔‐ケイリウ〕【奥入瀬渓流】

青森県東部を流れる奥入瀬川の一部。十和田湖岸の子ノ口(ねのくち)から焼山までの14キロメートルの渓流。両岸にはカエデ・ブナの林が続く。十和田八幡平国立公園に属し、景勝地として知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

奥入瀬渓流

十和田湖から太平洋にそそぐ奥入瀬川十和田湖畔の子ノ口地区から焼山地区までの約14キロ間をさす。国の特別名勝及び天然記念物。静かだが変化に富んだ流れ(「阿修羅の流れ」「三乱の流れ」など)や滝(「雲井の滝」「銚子大滝」など)の隣では、ブナやトチノキサワグルミカツラなどの自然林とシダやコケなどが、季節ごとに様々な表情を見せている。その見事さを明治~大正期の文人・大町桂月(1869~1925)は、「住まば日本遊ばば十和田歩きゃ奥入瀬三里半」と記している。

(2014-08-25 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)


青森県南東部、奥入瀬川上流部にある渓谷。十和田(とわだ)湖東岸の子ノ口(ねのくち)から焼(やけ)山までの約14kmをいう。十和田八幡平(はちまんたい)国立公園を代表する景勝地。十和田湖とともに国の特別名勝・天然記念物に指定されている。幅20mの銚子大(ちょうしおお)滝など無数の滝や早瀬、奇岩が連続し、「瀑布(ばくふ)街道」の名がある渓谷美で知られる。ブナ・カエデなどの広葉樹が茂り、新緑・紅葉期に観光客が多い。渓流沿いに国道102号と遊歩道が通じる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の奥入瀬渓流の言及

【十和田湖】より

…休屋の北,御前ヶ浜には高村光太郎作の〈乙女の像〉があり,十和田湖のシンボルになっている。 十和田湖の東口,子(ね)ノ口から焼山にいたる約14kmの奥入瀬渓流は,沿岸の樹林をうつして変化の多い景観を示し,幅13m,比高8mの銚子大滝をはじめ多くの滝がかかっている。十和田湖への入口は青森口,三沢口,弘前口,十和田南口の四つがあり,いずれもバスの便がある。…

※「奥入瀬渓流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥入瀬渓流の関連情報