コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十和田八幡平国立公園 とわだはちまんたいこくりつこうえん

6件 の用語解説(十和田八幡平国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十和田八幡平国立公園
とわだはちまんたいこくりつこうえん

青森県南部から秋田県岩手県の北部に広がる自然公園。面積 855.51km2。1936年十和田・八甲田地域が十和田国立公園として指定を受け,1956年八幡平地域が追加指定され現名称に改称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とわだはちまんたい‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【十和田八幡平国立公園】

秋田・青森・岩手の3県にまたがる国立公園十和田湖奥入瀬(おいらせ)川渓流・八甲田山を含む地域と八幡平駒ヶ岳岩手山を含む地域の2地域からなる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

十和田八幡平国立公園【とわだはちまんたいこくりつこうえん】

青森・岩手・秋田3県にまたがる。面積854.09km2,1936年指定,1956年八幡平地区追加指定。十和田地区は紅葉の美しさで知られる十和田湖奥入瀬(おいらせ)川の渓流,原始林と山スキーの火山群八甲田山が中心で,酸ヶ湯(すかゆ),(つた)など温泉が多い。
→関連項目青森[県]秋田[県]安代[町]田沢湖田沢湖[町]十和田湖[町]発荷峠平賀[町]焼山(秋田)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

とわだはちまんたいこくりつこうえん【十和田八幡平国立公園】

青森・秋田・岩手の三県にまたがる国立公園。八甲田山・十和田湖・奥入瀬おいらせ渓谷の十和田地域と、八幡平・岩手山・駒ヶ岳の八幡平地域からなる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県(秋田県・岩手県)〕十和田八幡平国立公園(とわだはちまんたいこくりつこうえん)


青森・秋田・岩手の3県にまたがる国立公園。八甲田(はっこうだ)山・十和田湖一帯と八幡平・岩手山・秋田駒ヶ(こまが)岳の周辺の2地区からなる。面積8万5551ha。1936年(昭和11)指定の十和田湖国立公園に、1956年八幡平地区が追加され現称となる。「火山の博物館」といわれる変化に富んだ火山景観と十和田湖・奥入瀬(おいらせ)渓流にみられる優れた自然景観で知られる。高山植物の宝庫といわれる秋田駒ヶ岳など植物相も豊富。温泉に恵まれ、強酸性温泉が多いのも特徴。両地区とも道路・自然探勝路・各種遊覧施設が整い、豊富な温泉と相まって東北地方を代表する観光地となっている。山岳スキーの愛好者も多い。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十和田八幡平国立公園
とわだはちまんたいこくりつこうえん

青森、秋田、岩手の3県にまたがる国立公園。十和田湖を中心に八甲田(はっこうだ)山を含む十和田地区は、1936年(昭和11)に国立公園に指定、八幡平地区は1956年(昭和31)に追加指定された。面積855.51平方キロメートル。火山性の山地、高原、湖沼、温泉などを含み、観光の中心は十和田湖である。二重式カルデラ湖として世界的に有名で、湖岸は外輪山によって囲まれている。十和田湖から流れ出る奥入瀬(おいらせ)川は、四季折々の豊かな自然を映し、両岸にかかる滝とともに渓谷美で知られ、十和田湖とともに特別名勝・天然記念物に指定されている。河床と道路との差が1メートルほどで、渓流を歩きながら楽しむことができる。十和田湖の北部にそびえる八甲田火山群は、南八甲田の10峰と北八甲田の8峰からなる。冬は樹氷で知られ、春から初夏にかけては山岳スキーが楽しめる。山麓(さんろく)には酸ヶ湯(すかゆ)、田代元湯、猿倉(さるくら)温泉などがある。
 八幡平地区は、最高点1614メートルの広大な高原をなす一帯と、円錐(えんすい)状火山の岩手山(2038メートル)や、秋田駒(こま)とよばれる駒ヶ岳(1637メートル)からなる。八幡平には旧火口に水をたたえた小湖沼が点在し湿原も多い。玉川、後生掛(ごしょがけ)、乳頭(にゅうとう)温泉郷など温泉が多く、植物相も豊富である。特別天然記念物に玉川温泉の北投(ほくとう)石、岩手山の焼走り熔岩(ようがん)流がある。八幡平では夏スキーができる。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十和田八幡平国立公園の関連キーワードガルア霧島錦江湾国立公園ロイヤル国立公園W国立公園コルコバード国立公園スカフタフェットル国立公園ネッチサル国立公園チチカマ国立公園チマニマニ国立公園グヌンレイセル国立公園

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

十和田八幡平国立公園の関連情報