コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥入瀬川 おいらせがわ

7件 の用語解説(奥入瀬川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥入瀬川
おいらせがわ

青森県,十和田湖の東岸子ノ口 (ねのくち) に端を発し,東流して太平洋に注ぐ川。全長 67km。十和田湖から流出する唯一の川で,多くの渓谷を刻みながら焼山までの約 14kmは北流,東転してからは,三本木原の台地を刻み,両岸に河岸段丘をつくっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おいらせ‐がわ〔‐がは〕【奥入瀬川】

青森県東部を流れる川。十和田湖から発し、おいらせ町で太平洋に注ぐ。上流の子ノ口(ねのくち)から焼山の間は、奥入瀬渓流とよばれ、滝や奇岩が多い景勝地。長さ67キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

奥入瀬川【おいらせがわ】

青森県十和田湖東岸の子ノ口(ねのくち)から流出,東流して太平洋に注ぐ長さ71kmの川。江戸時代は大川・市川ともみえ,奥州街道は船で渡った。古くから漁業が行われ,サケの献上があった。
→関連項目十和田湖[町]百石[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おいらせがわ【奥入瀬川】

青森県南東部,十和田湖の東岸子ノ口(ねのくち)に源を発して北流し,焼山付近から東に流れを変え,三本木原台地をきざみながら太平洋に出る川。下流部では相坂(おおさか)川とよばれる。幹川流路延長67km,全流域面積820km2。子ノ口から焼山付近までが渓流となり,ブナ,カエデなどの原生林をうつしながら,途中に銚子大滝のほか雲井,双竜などの滝をなして渓流美をつくりだしている。十和田湖とともに特別名勝天然記念物に指定され,新緑,紅葉のころはとくに観光客を楽しませる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おいらせがわ【奥入瀬川】

十和田湖に発し、青森県南東部を東流し太平洋に注ぐ川。長さ67キロメートル。上流の子ねのくち・焼山間の奥入瀬渓谷は景勝地。相坂おうさか・あいさか川。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕奥入瀬川(おいらせがわ)


青森県東部を流れる川。2級河川(奥入瀬川水系)。延長71km。十和田(とわだ)湖東岸の子ノ口(ねのくち)から流出し、北東流・東流して三本木原(さんぼんぎはら)の南端部を流れ、太平洋に注ぐ。旧称は相坂(あいさか)川だったが、1993年(平成5)県条例により名称変更。上流部の約14kmの奥入瀬渓流は国の特別名勝・天然記念物に指定され、十和田八幡平(はちまんたい)国立公園を代表する景勝地。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥入瀬川
おいらせがわ

青森県東部を流れる川。延長67キロメートル。十和田湖の東岸子ノ口(ねのくち)から流出し、北流、東流して上北(かみきた)郡おいらせ町で太平洋に注ぐ。子ノ口から蔦(つた)川との合流点の焼山(やけやま)までの14キロメートルを奥入瀬渓流とよび、十和田八幡平(はちまんたい)国立公園の重要な要素の一つとなっている。渓谷にはトチノキ、サワグルミ、カツラなどの河畔林がみられ、渓流から離れるにつれブナ、ホオノキ、オオバクロモジなどブナ林の構成種が混生する。流水による影響を強く受ける河畔の中州や合流地点にはケヤマハンノキ林、ドウノキ林、オノエヤナギ林が発達している。渓流は途中に滝をつくるなど流れも変化に富み、とくに新緑、紅葉の季節は圧巻である。観光バスが通じるほか、遊歩道も完備している。焼山からは三本木台地を刻みながら東流するが、1855年(安政2)南部藩士新渡戸伝(にとべつとう)(稲造の祖父)は、不毛の地である三本木原開拓に着手した。難工事のすえ、1859年に奥入瀬川の水を引き入れることに成功し、これが台地の水田化の契機となった。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥入瀬川の関連キーワード五戸川十和田奥入瀬渓流十和田湖温泉スキー場子ノ口港十和田湖[町]青森県十和田市相坂青森県十和田市奥瀬十和田湖〈町〉青森県十和田市深持

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥入瀬川の関連情報