くち

精選版 日本国語大辞典 「くち」の意味・読み・例文・類語

くち

〘名〙 (「ぐち」とも) 魚「にべ(鮸)」または「いしもち(石持)」の異名。《季・夏》 〔二十巻本和名抄(934頃)〕

く‐ち

〘代名〙 「こち(此方)」の変化した語。こちら。
狂言記釣女(1660)「おかつさまがかはったは。そちのを、くちへかやせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「くち」の読み・字形・画数・意味

】くち

視。

字通」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android