くち

精選版 日本国語大辞典「くち」の解説

く‐ち

〘代名〙 「こち(此方)」の変化した語。こちら。
狂言記・釣女(1660)「おかつさまがかはったは。そちのを、くちへかやせ」

くち

〘名〙 (「ぐち」とも) 魚「にべ(鮸)」または「いしもち(石持)」の異名。《季・夏》 〔二十巻本和名抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「くち」の解説

】くち

字通」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android