コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥川忠右衛門(初代) おくがわ ちゅうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥川忠右衛門(初代) おくがわ-ちゅうえもん

1901-1975 大正-昭和時代の陶芸家。
明治34年4月10日生まれ。有田焼大物成形ろくろ師。昭和35年日展入選,のち伝統工芸展最高賞をうける。白磁の大型つぼ製作技術で39年選択無形文化財保持者。生涯蹴(け)ろくろのみを使用した。昭和50年10月11日死去。74歳。佐賀県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥川忠右衛門(初代)の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android