有田(読み)アリタ

大辞林 第三版の解説

ありた【有田】

佐賀県西部、西松浦郡の町。有田焼の産地。

ありだ【有田】

和歌山県西部、紀伊水道に臨む市。有田川河口に位置する。有田ミカンの集散地。蚊取り線香の生産が盛ん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ありた【有田】

佐賀県西部、西松浦郡の地名。有田焼(伊万里焼)で有名。JR佐世保線から松浦鉄道西九州線を分岐する。

ありだ【有田】

[一] 和歌山県北西部の地名。紀伊水道に面する。紀州有田ミカンの発祥・主産地。紀勢本線が通じる。昭和三一年(一九五六)市制。
[二] 和歌山県北部の郡。古くは「あてぐん」といい、阿提・安諦の字が用いられたが、大同元年(八〇六)在田郡と改称。のち、有田・在田が混在したが、明治一二年(一八七九)有田郡に統一された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有田の関連情報