有田(読み)アリダ

  • ありた

精選版 日本国語大辞典の解説

佐賀県西部、西松浦郡の地名。有田焼(伊万里焼)で有名。JR佐世保線から松浦鉄道西九州線を分岐する。
[一] 和歌山県北西部の地名。紀伊水道に面する。紀州有田ミカンの発祥・主産地。紀勢本線が通じる。昭和三一年(一九五六)市制。
[二] 和歌山県北部の郡。古くは「あてぐん」といい、阿提・安諦の字が用いられたが、大同元年(八〇六)在田郡と改称。のち、有田・在田が混在したが、明治一二年(一八七九)有田郡に統一された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有田の関連情報