コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥平伝蔵 おくだいら でんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥平伝蔵 おくだいら-でんぞう

?-? 江戸時代前期の武士。
下野(しもつけ)宇都宮藩士。従兄奥平内蔵允の長男源八の仇討ちをたすけ,寛文10年(1670)奥平主馬を出羽(でわ)上山(山形県)で,12年主馬の兄隼人を江戸市ケ谷で討った(浄瑠璃坂(じょうるりざか)の仇討ち)。伊豆(いず)大島に流罪となったがのちに釈放され,源八とともに彦根藩井伊家につかえた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥平伝蔵の関連キーワード奥平源八

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android