コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥平伝蔵 おくだいら でんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥平伝蔵 おくだいら-でんぞう

?-? 江戸時代前期の武士。
下野(しもつけ)宇都宮藩士。従兄奥平内蔵允の長男源八の仇討ちをたすけ,寛文10年(1670)奥平主馬を出羽(でわ)上山(山形県)で,12年主馬の兄隼人を江戸市ケ谷で討った(浄瑠璃坂(じょうるりざか)の仇討ち)。伊豆(いず)大島に流罪となったがのちに釈放され,源八とともに彦根藩井伊家につかえた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

奥平伝蔵の関連キーワード奥平源八

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android