コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仇討ち アダウチ

デジタル大辞泉の解説

あだ‐うち【×仇討ち】

主君・親兄弟などを殺した者を討ち取って恨みを晴らすこと。江戸時代、武士階級で慣習として公認されていたが、明治6年(1873)禁止された。かたきうち。
仕返しをすること。「けんかに負けた弟の仇討ちをする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

仇討ち

池波正太郎の時代小説短編集。1968年刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

あだうち【仇討ち】

自分の主君・父などを殺害した者を仕返しに殺すこと。かたきうち。意趣討ち。武家時代には儒教的・武士道的観念から盛んに行われたが、1873年(明治6)太政官布告により禁止された。
一般に、仕返し。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

仇討ちの関連キーワード百日曽我・百日曾我天下茶屋の仇討ち岡島八十右衛門伊賀越道中双六碁太平記白石噺志度寺・志渡寺伊賀越の仇討ち寺坂吉右衛門花上野誉石碑富士の巻狩り原惣右衛門母亀山の仇討ちオレステイア碁盤太平記山根武兵衛岩見重太郎池波正太郎太政官布告高田郡兵衛田宮坊太郎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仇討ちの関連情報