仇討ち(読み)アダウチ

デジタル大辞泉の解説

あだ‐うち【×仇討ち】

主君・親兄弟などを殺した者を討ち取って恨みを晴らすこと。江戸時代、武士階級で慣習として公認されていたが、明治6年(1873)禁止された。かたきうち。
仕返しをすること。「けんかに負けた弟の仇討ちをする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例