上山(読み)カミノヤマ

大辞林 第三版の解説

かみのやま【上山】

山形市の南方にある市。温泉地で知られる。蔵王ざおう山への入り口。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かみのやま【上山】

山形県南東部の地名。江戸時代は松平氏三~四万石の城下町、羽州街道米沢街道分岐点宿場町、また温泉町として発達。現在はJR山形新幹線・奥羽本線が通じ、上山、河崎、高松、葉山の各温泉が上山温泉群を形成する。昭和二九年(一九五四)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上山の関連情報