奥村藤作(読み)おくむら とうさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥村藤作 おくむら-とうさく

?-? 江戸時代前期の陶工。
正保(しょうほ)年間小堀遠州の命をうけて,山城(京都府)宇治に朝日焼を再興する。高麗御本手(こうらいごほんで)を模した淡紅,淡青色絵の茶碗(ちゃわん)は,「古朝日」とよばれ雅趣があった。宇治平等院にのこる「柴船香炉」は名品として名だかい。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android