コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥村藤作 おくむら とうさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥村藤作 おくむら-とうさく

?-? 江戸時代前期の陶工。
正保(しょうほ)年間小堀遠州の命をうけて,山城(京都府)宇治に朝日焼を再興する。高麗御本手(こうらいごほんで)を模した淡紅,淡青色絵の茶碗(ちゃわん)は,「古朝日」とよばれ雅趣があった。宇治平等院にのこる「柴船香炉」は名品として名だかい。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥村藤作の関連キーワード陶工正保

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android