コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝日焼 あさひやき

4件 の用語解説(朝日焼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝日焼
あさひやき

京都府宇治市朝日山で焼かれる陶器。遠州七窯 (→小堀遠州 ) ,不昧十窯の一つ。慶長年間 (1596~1615) に奥村次郎右衛門が開窯,2代藤作のとき,遠州の指示により茶器を焼いた。器には底部に「朝日」の銘印がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あさひ‐やき【朝日焼】

慶長(1596~1615)のころ、山城(京都府)宇治朝日山で作られた陶器。「朝日」の銘印がある。奥村次郎右衛門(藤作)の創始。正保(1644~1648)ごろ小堀遠州の指導で茶器を焼いた。遠州七窯の一。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あさひやき【朝日焼】

京都、宇治で産する陶器。慶長(1596~1615)の創始という。茶陶が主で、御本ごほん風の茶碗が多い。遠州七窯なながまの一。一旦途絶し、幕末に再興された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝日焼
あさひやき

京都府宇治市の名所朝日山に名の由来をもつ陶器。慶長(けいちょう)年間(1596~1615)奥村次郎右衛門が創始したとされる。正保(しょうほう)(1644~1648)ごろには、小堀遠州(えんしゅう)が奥村藤作を指導して茶陶を焼かせ、遠州七窯(なながま)の一つとなっている。この時期の作を古朝日と称し、御本(ごほん)(高麗茶碗(こうらいぢゃわん)の一種)風の茶碗を主としている点が特徴である。朝日焼には、印の朝日の字形により、卜朝日、卓朝日、車朝日、鍋蓋(なべぶた)朝日などの俗称がある。茶陶以外では、宇治の茶商上林(かんばやし)家のための茶壺(ちゃつぼ)や茶入れ、茶碗が中心であったらしい。慶安(けいあん)(1648~1652)ごろ一時廃絶し、1861年(文久1)に松林長兵衛が再興し今日に及んでいる。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日焼の関連キーワード上田星邨京都新聞京都BAL東京都墨田区横網京都府京都市上京区北町京都府京都市上京区京都御苑京都府京都市上京区栄町京都府京都市上京区西町京都府京都市上京区東町京都府京都市中京区六丁目

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朝日焼の関連情報