コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥留種徳 おくどめ たねのり

2件 の用語解説(奥留種徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥留種徳 おくどめ-たねのり

?-? 江戸時代後期の暦算家。
幕府天文方山路諧孝(ゆきたか)の属吏。山路とともに,オランダの天文書を翻訳・編集,天保(てんぽう)12年(1841)ごろ「西暦新編」として刊行した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

奥留種徳

生年:生没年不詳
江戸後期の天文方山路諧孝の手付(属吏)。山路と協力し,9年の歳月を費やして『西暦新編』を翻訳編纂した。この本はオランダ人ペイボの著述した天文書の日月の理論と日月食の部分だけを訳したもので,渋川景佑らの『新巧暦書』とともに天保改暦(1844年施行)の参考にされた。山路の序文には「爰に属吏奥留種徳と共に之を編集す」とみえる。『西暦新編』(10冊)は8冊が漢文体の訳文,2冊は算例である。この訳は実際は上司である山路ではなく,奥留の力によるところが大きいといわれ,そのためか後日,諧孝の子の金之丞は奥留夫人に全然頭があがらなかった話が,金之丞の弟の養女であった『久間孝子覚書』にある。

(内田正男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥留種徳の関連キーワード山井氏興属吏天文方新屋由高菊池長良柴田収蔵船山輔之森士行山路諧孝山路徳風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone