コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥野瑳助 おくの さすけ

1件 の用語解説(奥野瑳助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥野瑳助 おくの-さすけ

?-? 江戸時代中期の歌舞伎作者。
堀越二三治(にそうじ)の門でまなび,宝暦-安永(1751-81)のころ活躍。はじめ江戸中村座を中心に創作をおこない,立作者となってからは森田座を中心に「真田与市磐土産」などの創作に協力した。初名は佐助。号は馬朝。作品はほかに「伊達錦対将」「都鳥東小町」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の奥野瑳助の言及

【御摂勧進帳】より

…通称《芋洗勧進帳》。桜田治助河竹新七,奥野瑳助ほか作。1773年(安永2)11月江戸の中村座初演。…

※「奥野瑳助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奥野瑳助の関連キーワード伊藤柳枝桂の吉竹本三郎兵衛(3代)玉巻恵助津打園二津打門三郎(2代)津田又市戸川不琳並木良輔機文輔

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone