コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女郎屋 ジョロウヤ

デジタル大辞泉の解説

じょろう‐や〔ヂヨラウ‐〕【女郎屋】

遊女を抱えておき、客を取らせることを商売とした家。遊女屋。じょろや。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょろうや【女郎屋】

女郎を抱えておいて、客に遊興させることを職業とする家。妓楼。遊女屋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の女郎屋の言及

【切見世】より

…近世後期の江戸吉原における最下級の女郎屋。各所の岡場所にもあったもので,間口4.5~6尺,奥行2.5~3間の店が5~8軒,長屋形式で続いていたため,局見世(つぼねみせ)(局店),長屋ともいった。…

※「女郎屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

女郎屋の関連キーワード貸し座敷・貸座敷銭店・銭見世居残り佐平次ロートレック明烏(落語)村岡伊平治娼楼・倡楼貸座敷業者鉄砲見世見立鉱山鈴木主水渓斎英泉招き猫お直し御部屋貸座敷傾城屋切見世割り床青楼

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女郎屋の関連情報