女郎屋(読み)ジョロウヤ

  • じょろうや ヂョラウ‥
  • じょろうや〔ヂヨラウ〕

大辞林 第三版の解説

女郎を抱えておいて、客に遊興させることを職業とする家。妓楼。遊女屋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 女郎を抱えておき、客に遊興させるのを業とする家。遊女屋。傾城屋。女郎宿。じょろや。じょうろや。
※評判記・色道大鏡(1678)一「女郎屋(ヂョラウヤ) 傾城屋の事也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の女郎屋の言及

【切見世】より

…近世後期の江戸吉原における最下級の女郎屋。各所の岡場所にもあったもので,間口4.5~6尺,奥行2.5~3間の店が5~8軒,長屋形式で続いていたため,局見世(つぼねみせ)(局店),長屋ともいった。…

※「女郎屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女郎屋の関連情報