好機逸すべからず(読み)こうきいっすべからず

ことわざを知る辞典「好機逸すべからず」の解説

好機逸すべからず

よい機会はとりにがしてはならない。

[使用例] 悪書画屋どもは好機逸すべからずとして、落欵の名義に何らか関係のある者と相結託し、前記のごとき不正手段を弄するのである[宮武外骨*奇想凡想|1920]

〔英語〕There is a tide in the affairs of men.(人のすることには潮時がある)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「好機逸すべからず」の解説

好機こうきいっすべからず

よい機会にめぐりあったときには、それをとりのがしてはならない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android