好機逸すべからず(読み)こうきいっすべからず

ことわざを知る辞典「好機逸すべからず」の解説

好機逸すべからず

よい機会はとりにがしてはならない。

[使用例] 悪書画屋どもは好機逸すべからずとして、落欵の名義に何らか関係のある者と相結託し、前記のごとき不正手段を弄するのである[宮武外骨*奇想凡想|1920]

〔英語〕There is a tide in the affairs of men.(人のすることには潮時がある)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「好機逸すべからず」の解説

好機こうきいっすべからず

よい機会にめぐりあったときには、それをとりのがしてはならない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android