コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如かじ/若かじ/及かじ シカジ

デジタル大辞泉の解説

しか◦じ【如かじ/若かじ/及かじ】

[連語]《動詞「如(し)く」の未然形+打消し推量の助動詞「じ」》
…に及ばないであろう。…に越したことはないだろう。
「ただ色このまざらんには―」〈徒然・二四〇〉
(副詞的に用いて)
㋐むしろ。いっそのこと。
「かかる憂き目にあはんよりは、―、ただ死なばや」〈仮・伊曽保・中〉
㋑たしかに。絶対に。
「―此の義において、日本の神ぞ他言は申さず」〈浮・伝来記・七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しかじ【如かじ】

( 連語 )
〔動詞「如く」の未然形「しか」に打ち消しの推量の助動詞「じ」の付いたもの〕
…に及ばないであろう。…に越したことはあるまい。 「何事にもまことありて、人を分かずうやうやしく、言葉すくなからんには-/徒然 233
(副詞的に用いて)いっそのこと。確かに。 「その攻めをかうむらんよりは、-、御調物を奉るべし/仮名草子・伊曽保物語」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

如かじ/若かじ/及かじの関連キーワード仮名草子未然形他言

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android