コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妖怪ウォッチ ようかいうぉっち

5件 の用語解説(妖怪ウォッチの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

妖怪ウォッチ

ニンテンドー3DS専用ゲームソフト。「ダンボール戦機シリーズ」、「レイトン教授シリーズ」、「イナズマイレブンシリーズ」など、多くのヒット作を生み出したゲームソフト開発会社であるレベルファイブから、2013年7月11日に発売された。シリーズ第1弾は14年7月末時点で累計出荷本数100万本を突破している。
妖怪執事を名乗る「ウィスパー」から、妖怪を探せる不思議腕時計妖怪ウォッチ」を手に入れた主人公ケータが、困ったことを引き起こす妖怪たちと出会い、友達になっていく物語。車にひかれて地縛霊となった猫の妖怪「ジバニャン」が、妖怪サイドの中心的キャラクターで、ぬいぐるみなどのグッズも人気を集めている。
コミックアニメ、玩具販売など多角的なメディア展開を前提として企画され、14年1月8日よりテレビアニメ版も放送された。アニメは高視聴率を誇り、オープニング曲「ゲラゲラポーのうた」のCDは、オリコンチャート初登場4位を記録した。同年1月11日には、QRコード読み込むとゲーム中で使用できる「妖怪ガシャコイン」が手に入る妖怪メダル」が発売され、小学生の男子を中心に大流行し、発売当日からほぼ完売状態が続く大人気商品となった。また、同年3月には、期間限定のグッズショップが、あまりの商品の売れ行きに開店2日で営業を休止するなど、そのブーム社会現象になった。同年12月に映画「妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」が公開することが発表されたが、先着特典が付いた前売り券を入手できない人が続出し、Facebookにて公式にお詫びが発表される事態となった。
14年7月10日には、シリーズ第2弾となる「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」が発売され、7月末の時点で累計出荷本数が200万本を突破。8月には、新作の時計型おもちゃ「DX妖怪ウォッチ タイプ零式」が発売されたが、あまりの人気に入手困難な状態が続いた。このため、子どものために自作する親が現れたことも話題となっている。

(城島充  フリーライター / 2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

妖怪ウォッチ

ゲーム会社「レベルファイブ」(福岡市)が昨夏、携帯型ゲーム丘ニンテンドー3DS」向けに出したロールプレーイングゲーム(RPG)。どこにでもいそうな小学5年生である主人公のケータが、妖怪を探すことができる腕時計「妖怪ウォッチ」を手に入れ、妖怪の友だちを増やしていく設定だ。「職場がジメジメしている」といった悩みを聞いたケータが、その原因である「じめりんぼう」という妖怪を追い払って解決するなど、問題解決型のストーリー展開が、これまでの対戦中心のゲームと違って受けている。主人公と同じ、時計型の玩具「妖怪ウォッチ」を買うことで、リアルな世界でゲームの世界の体験ができるのも人気の秘密だ。友だちになった妖怪を呼び出すには「妖怪メダル」が必要。メダルをウォッチに装着すると、アニメと同じ妖怪が登場するときの音楽が流れ、妖怪を登場させる雰囲気を味わえる。妖怪メダルを使って、玩具店などに置かれているゲーム機でも遊ぶことができる。いずれも小学生を中心に人気を集めている。

(2014-08-02 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

妖怪ウォッチ

小西紀行による漫画作品。レベルファイブによる同名の任天堂3DS専用ゲームソフト(2013年発売)のメディアミックス作品のひとつ。『コロコロコミック』2013年1月号~連載開始。てんとう虫コロコロコミックス既刊6巻。2014年、第38回講談社漫画賞児童部門賞受賞。2015年、第60回小学館漫画賞(児童向け部門)受賞。

妖怪ウォッチ

株式会社レベルファイブが発売するゲームソフト。ロールプレイングゲーム。2013年7月発売。ニンテンドー3DS用。ゲームのほかにテレビアニメや漫画などのメディアタイアップ行われる。また登場キャラクターの玩具「妖怪メダル」や関連グッズは大人気で品薄状態が続く。2014年、日本ゲーム大賞にて年間作品部門大賞受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

妖怪ウォッチ

ゲームソフト企画・制作・販売会社株式会社レベルファイブによるクロスメディアプロジェクト作品。小学5年生の主人公ケータが妖怪を発見できる不思議な腕時計「妖怪ウォッチ」を使い、猫の地縛霊ジバニャンなどの妖怪たちと様々なドラマを繰り広げていくというストーリー。2013年1月より「コロコロコミック」(小学館)にてマンガが連載されている。同7月にはニンテンドー3DS用ゲームソフトが発売され、14年1月にテレビ東京系でアニメの放送が開始された。いずれの作品も低年齢層を中心に大ヒットし、関連グッズや関連書籍も人気を集めている。同年4月23日にはアニメのエンディングテーマ「ようかい体操第一」のCD発売が予定されている。

(2014-4-18)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

妖怪ウォッチの関連キーワードゲームソフトニンテンドー2DSシムシティデンゲキニンテンドーDSnintendogs+catsNintendo DREAM逆転裁判5ニンテンドーランドパズドラZニンテンドーゲームキューブ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

妖怪ウォッチの関連情報