コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙沢

美術人名辞典の解説

妙沢

室町前期の臨済宗の僧。下野足利国清寺九世。字を古剣。夢窓国師高弟。幼より画を好み、特に不動の像を能くした。世に妙沢不動と称し珍重される。また鍾馗も能くし牧溪・困多羅の風に似ている。嘉慶2年(1388)寂、83才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妙沢
みょうたく

[生]徳治3(1308)
[没]元中5=嘉慶2(1388)
南北朝時代の臨済宗の僧。周沢とも称し,字は古剣,龍湫。幼少のとき出家し,夢窓国師に師事した。のちに建仁寺天竜寺南禅寺などの住持をつとめ,その後下野国清寺の住持となった。画才に富み,不動明王の像を好んで描いた。著書『七会集』『随得集』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

妙沢の関連キーワード南北朝時代古剣妙沢竜湫周沢元中

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android