コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉慶 カケイ

大辞林 第三版の解説

かきょう【嘉慶】

かけい【嘉慶】

北朝の年号(1387.8.23~1389.2.9)。至徳の後、康応の前。後小松天皇の代。かきょう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かきょう【嘉慶】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1387年から1389年まで、後小松(ごこまつ)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は至徳(しとく)。次元号は康応(こうおう)。1387年(至徳4)8月23日改元。疫病流行の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『毛詩正義(もうしせいぎ)』を出典とする命名。嘉慶年間の南朝の天皇は後亀山(ごかめやま)天皇。南朝では元中(げんちゅう)(1384~1393年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。◇「かけい」とも読む。

かけい【嘉慶】

⇒嘉慶(かきょう)

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

嘉慶の関連キーワードエルデンボー(額勒登保)山形県南陽市三間通西陲総統事略隆雅(2)アマースト尭性法親王明承法親王正親町実秀仁宗(清)明珍宗安古剣妙沢学津討原南江宗沅小田五郎近衛兼嗣日野有光柳原資衡西陲要略災異改元足利義満

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android