嘉慶(読み)カケイ

大辞林 第三版の解説

かきょう【嘉慶】

かけい【嘉慶】

北朝の年号(1387.8.23~1389.2.9)。至徳の後、康応の前。後小松天皇の代。かきょう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かきょう【嘉慶】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1387年から1389年まで、後小松(ごこまつ)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は至徳(しとく)。次元号は康応(こうおう)。1387年(至徳4)8月23日改元。疫病流行の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『毛詩正義(もうしせいぎ)』を出典とする命名。嘉慶年間の南朝の天皇は後亀山(ごかめやま)天皇。南朝では元中(げんちゅう)(1384~1393年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。◇「かけい」とも読む。

かけい【嘉慶】

⇒嘉慶(かきょう)

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かけい【嘉慶】

南北朝末期、北朝、後小松天皇の代の年号。至徳四年(一三八七)八月二三日改元。将軍足利義満の時代。嘉慶三年二月九日康応(こうおう)と改元。出典は「毛詩正義」の「将嘉慶、禎祥先来見也」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android