コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜湫周沢 リュウシュウシュウタク

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竜湫周沢 りゅうしゅう-しゅうたく

1308-1388 南北朝時代の僧。
延慶(えんきょう)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。夢窓疎石の法をつぐ。郷里の甲斐(かい)(山梨県)恵林寺をへて,建仁寺,南禅寺,天竜寺の住持春屋妙葩(みょうは)とならぶ夢窓派の実力者画僧としても知られ,不動明王像を得意とした。嘉慶(かきょう)2=元中5年9月9日死去。81歳。俗姓は武田。法名は別に妙沢。号は咄哉(とつさい)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうしゅうしゅうたく【竜湫周沢】

1308‐88(延慶1‐元中5∥嘉慶2)
南北朝期の臨済宗夢窓派の僧。甲斐の人。武田氏。夢窓疎石の法嗣。春屋妙葩(しゆんおくみようは)と並ぶ同派の指導者。慧林寺,建仁寺,南禅寺,天竜寺,臨川寺に歴住。不動明王像の画技によって知られる。妙沢老人とも称した。星宿吉凶の占いに強い関心を持ち,そのことを足利義満にからかわれた逸話がのこっている。著書《随得集》がある。法嗣に在中中淹ら。【今泉 淑夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうしゅうしゅうたく【竜湫周沢】

1308~1388) 南北朝時代の臨済宗の僧。甲斐の人。妙沢とも号す。夢窓疎石の法を継ぎ、京都の諸寺に歴住した。その水墨画の不動尊は有名で、妙沢不動という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

竜湫周沢の関連キーワード南北朝時代明室梵亮無伝正灯大安阿立周沢

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android