コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妻木徳一 つまき とくいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

妻木徳一 つまき-とくいち

1899-1975 昭和時代の化学者。
明治32年11月15日生まれ。昭和14年九州帝大教授。のち九州工業大学長をつとめた。有機錯化合物の研究で知られ,28年日本化学会賞を受賞。昭和50年4月4日死去。75歳。山口県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の妻木徳一の言及

【サルコミン】より

N,N′‐エチレンビス(サリチリデンアミナト)コバルト(II)の通称。1933年P.ファイファー,妻木徳一らが合成し,空気中で黒褐色に変色することを報告,38年妻木がこの変色は酸素の吸収によることを発見した。その後,酸素担体としての性質がM.カルビンやH.ディールらによって詳細に研究された。…

※「妻木徳一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

妻木徳一の関連キーワードサルコミン昭和時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android