コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妻木徳一 つまき とくいち

1件 の用語解説(妻木徳一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

妻木徳一 つまき-とくいち

1899-1975 昭和時代の化学者。
明治32年11月15日生まれ。昭和14年九州帝大教授。のち九州工業大学長をつとめた。有機錯化合物の研究で知られ,28年日本化学会賞を受賞。昭和50年4月4日死去。75歳。山口県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の妻木徳一の言及

【サルコミン】より

N,N′‐エチレンビス(サリチリデンアミナト)コバルト(II)の通称。1933年P.ファイファー,妻木徳一らが合成し,空気中で黒褐色に変色することを報告,38年妻木がこの変色は酸素の吸収によることを発見した。その後,酸素担体としての性質がM.カルビンやH.ディールらによって詳細に研究された。…

※「妻木徳一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

妻木徳一の関連キーワード仁田勇稲村耕雄井上敏尾形輝太郎金子武夫小泉正夫菅原健西田屹二林太郎星野敏雄

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone