コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いび イビ

デジタル大辞泉の解説

いび

奄美(あまみ)・沖縄地方で、ウタキ(御岳)とよばれる聖域の中の神が鎮座する場所。自然石大木依代(よりしろ)とする。最高の神職である女性以外は立ち入れない。「いべ」ともいい、「威部」と当てて書く。

いべ

いび」に同じ。
[補説]「威部」とも当てて書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いび【威部】

奄美・沖縄地方で、御嶽うたきの内奥にある神域。神の依代よりしろとされる岩石・神木などがあり、神女が神をまつる。また、そこにいる神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

いびの関連キーワード奄美内奥神女神域神木岩石

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いびの関連情報