子庭(読み)してい(英語表記)Zi Ting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子庭
してい
Zi Ting

中国,元の禅僧画家。ぎん (浙江省寧波) の人。法諱は祖柏,俗姓は史氏。早く天台僧となり,のち禅僧に変り至正年間 (1341~67) 郷里の多宝寺に退休。石菖蒲 (せきしょうぶ) 図を得意とし雪窓の画蘭と並称されて,禅林だけでなく文人間でも評価され知友も多かった。遺品は日本にのみ現存し,『石菖蒲図』 (東京,梅沢記念館) ,『枯木図』など,文人の墨戯とは異なった鋭い筆致をみせている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android