禅林(読み)ぜんりん

精選版 日本国語大辞典「禅林」の解説

ぜん‐りん【禅林】

[1] 〘名〙
禅定(ぜんじょう)を修する。古くは寺の。または、その寺にすむ
※続日本紀‐天平宝字元年(757)一一月壬寅「伏願、先帝陛下薫此芳因、恒蔭禅林之定影
禅宗寺院。また、禅宗。
※正法眼蔵(1231‐53)弁道話「まのあたり大宋国にして禅林の風規を見聞し」 〔庾信‐五張寺経蔵碑〕
③ 教えの奥義宗教の秘奥。
※性霊集‐二(835頃)大唐青龍寺故三朝国師碑「禅林之葩、実是卜食」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android