禅林(読み)ぜんりん

精選版 日本国語大辞典「禅林」の解説

ぜん‐りん【禅林】

[1] 〘名〙
禅定(ぜんじょう)を修する。古くは寺の。または、その寺にすむ
※続日本紀‐天平宝字元年(757)一一月壬寅「伏願、先帝陛下薫此芳因、恒蔭林之定影
禅宗寺院。また、禅宗。
※正法眼蔵(1231‐53)弁道話「まのあたり大宋国にして禅林の風規を見聞し」 〔庾信‐五張寺経蔵碑〕
③ 教えの奥義宗教の秘奥。
※性霊集‐二(835頃)大唐青龍寺故三朝国師碑「禅林之葩、実是卜食」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「禅林」の解説

ぜん‐りん【禅林】

禅宗の寺。また、禅宗。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「禅林」の解説

【禅林】ぜんりん

禅院

字通「禅」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android