子持火口(読み)こもちかこう(英語表記)nested crater

岩石学辞典の解説

子持火口

大きな火口の中に小さな火口があるもの[Daly : 1933].大小の噴火口が二重,三重に重なっている場合にその噴火口全体を呼ぶ語[渡辺編 : 1935].連結火口(nested crater)とは,相隣る火口が合体して一連の凹地となっているもので,複合火口ともいう.割れ目噴火の割れ目上に生じた火口群などがある[片山ほか : 1970].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android