コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

存じ付く ゾンジツク

デジタル大辞泉の解説

ぞんじ‐つ・く【存じ付く】

[動カ五(四)]「思いつく」「気づく」の意の謙譲語。
「火中に投没いたし候えば、則ち火気に化し、発響致候より、はからず―・き候」〈魯文安愚楽鍋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞんじつく【存じ付く】

( 動四 )
「気づく」「思いつく」の謙譲語。 「 逈 はるかに愈ましと-・き候へば/金色夜叉 紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

存じ付くの関連キーワード金色夜叉謙譲語

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android