火中(読み)カチュウ

デジタル大辞泉の解説

か‐ちゅう〔クワ‐〕【火中】

[名](スル)
燃えている火の中。
火の中に物を入れて焼くこと。
「貫一は例に因りて封のまま―してけり」〈紅葉金色夜叉

ほ‐なか【火中】

火の中。火の燃える中。
「さねさし相模の小野に燃ゆる火の―に立ちて問ひし君はも」〈・中・歌謡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かちゅう【火中】

スル
火の中。 -に投ずる
火の中に入れて焼くこと。 此文殻は自分が死んで後は-して呉れろ/続風流懺法 虚子
[句項目] 火中の栗を拾う

ほなか【火中】

燃えている火の中。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐ちゅう クヮ‥【火中】

〘名〙
のなか。
※将門記(940頃か)「火を遁れて出る者、矢に驚きて還り、火中に入りて叫喚す」 〔梁書‐諸夷伝・海南諸国・扶南〕
② (━する) 火の中に入れて灰にすること。古く手紙の末に、読後、焼却を求めて「火中」「火中火中」などと書くことがある。
※俳諧・千宜理記(1675)三「文ならぬいろはもかきて火中哉〈芭蕉〉」

ほ‐なか【火中】

〘名〙 燃えている火の中。
※古事記(712)中・歌謡「燃ゆる火の 本那迦(ホナカ)に立ちて 問ひし君はも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火中の関連情報