コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火中 カチュウ

デジタル大辞泉の解説

か‐ちゅう〔クワ‐〕【火中】

[名](スル)
燃えている火の中。
火の中に物を入れて焼くこと。
「貫一は例に因りて封のまま―してけり」〈紅葉金色夜叉

ほ‐なか【火中】

火の中。火の燃える中。
「さねさし相模の小野に燃ゆる火の―に立ちて問ひし君はも」〈・中・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かちゅう【火中】

( 名 ) スル
火の中。 「 -に投ずる」
火の中に入れて焼くこと。 「此文殻は自分が死んで後は-して呉れろ/続風流懺法 虚子
[句項目] 火中の栗を拾う

ほなか【火中】

燃えている火の中。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

火中の関連キーワード日向系神話(ひゅうがけいしんわ)ガイ・フォークス・デーほうおう座(鳳凰座)引田天功(初代)矢野五郎左衛門ヒル(蛭)石フェニックスピンダーリーサラマンダーデモフォン焙烙・炮烙春日真木子牧野の戦い義観(2)シーター辻与次郎馬飼歌依寺家宰相快川紹喜存じ付く

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火中の関連情報