コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火中 カチュウ

デジタル大辞泉の解説

か‐ちゅう〔クワ‐〕【火中】

[名](スル)
燃えている火の中。
火の中に物を入れて焼くこと。
「貫一は例に因りて封のまま―してけり」〈紅葉金色夜叉

ほ‐なか【火中】

火の中。火の燃える中。
「さねさし相模の小野に燃ゆる火の―に立ちて問ひし君はも」〈・中・歌謡〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かちゅう【火中】

( 名 ) スル
火の中。 「 -に投ずる」
火の中に入れて焼くこと。 「此文殻は自分が死んで後は-して呉れろ/続風流懺法 虚子
[句項目]

ほなか【火中】

燃えている火の中。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

火中の関連キーワードガイ・フォークス・デーほうおう座(鳳凰座)引田天功(初代)矢野五郎左衛門サラマンダーヒル(蛭)石ピンダーリーフェニックス牧野の戦いデモフォン春日真木子焙烙・炮烙ウルカヌス義観(2)存じ付くシーター辻与次郎はんだ鏝馬飼歌依快川紹喜

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火中の関連情報