存入(読み)ぞんじいり

精選版 日本国語大辞典「存入」の解説

ぞんじ‐いり【存入】

〙 考え。思うところ。思案。存じ入れ。
※浮世草子・武家義理物語(1688)二「よろこび両人のぼりしが、九兵衛存知(ソンジ)入の有とて、脇指ひとつになって」

ぞんじ‐いれ【存入】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android