コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

季節の記憶 キセツノキオク

デジタル大辞泉の解説

きせつのきおく【季節の記憶】

保坂和志の小説。鎌倉を舞台に父と息子の日常を描く。平成8年(1996)刊行。翌年、第33回谷崎潤一郎賞受賞。平成11年(1999)には、続編「もうひとつの季節」を刊行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

季節の記憶の関連情報