季節外(読み)きせつはずれ

精選版 日本国語大辞典の解説

きせつ‐はずれ ‥はづれ【季節外】

〘名〙
① それにふさわしい季節にはずれていること。
※百鬼園随筆(1933)〈内田百〉百鬼園先生言行録「実のところ、まだ季節外れで、本物の咲くには大分間があるんですよ」
② 適当な時期でないこと。時期に後れていること。
※日本の庭(1947)〈加藤周一〉一「日本精神や日本の古典について語るのは、季節外(ハズ)れのようにみえる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android