コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孤愁の岸 コシュウノキシ

デジタル大辞泉の解説

こしゅうのきし〔コシウのきし〕【孤愁の岸】

杉本苑子の歴史小説。江戸時代濃尾平野の治水事業を題材にした作品。昭和37年(1962)刊行。同年、第48回直木賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

孤愁の岸の関連キーワード須賀 不二男河原崎國太郎伊吹 聡太朗森繁 久弥森繁久彌円谷 浩リー村山古谷一行小林勇樹

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

孤愁の岸の関連情報