孤輪(読み)こりん

精選版 日本国語大辞典「孤輪」の解説

こ‐りん【孤輪】

〙 一つのわ。転じて、のこと。
菅家文草(900頃)五・雨晴対月「遠碧先教風伯洗、孤輪乍遣海神投
※新撰朗詠(12C前)上「宵深けて月桂の孤輪の 秋浅うしては風槐の一葉の声〈都在中〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android