コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一葉 イチヨウ

デジタル大辞泉の解説

いち‐よう〔‐エフ〕【一葉】

1枚の葉。ひとは。
平らで薄いもの、または小さいものを数える語。
㋐紙などの1枚。「一葉の写真」
㋑《1の形に似ているところから》小舟などの一そう。「一葉の軽舟」
の一品種。サトザクラの仲間で、花は淡紅色の八重咲き。葉化した雌しべが突き出ている。

ひとつ‐ば【一葉】

ウラボシ科の常緑多年生のシダ。暖地の岩上や樹幹に生える。根茎は長くはい、堅く、茶褐色の鱗片(りんぺん)で覆われる。葉は単葉で堅く、裏面に白褐色の星状毛を密生。 夏》「なつ来てもただ―の一つかな/芭蕉

ひと‐は【一葉】

1枚の葉。いちよう。俳諧では、特に桐の葉をいう。 秋》「今朝見れば淋しかりし夜の間の―かな/古白」→桐一葉
1艘(そう)の小舟。
「―づつ岸を離れる柳橋」〈柳多留・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちよう【一葉】

一枚の葉。
紙など、薄いもの一枚。 「写真-」
〔形状が葉に似ることから〕 一艘そうの小舟。

いちよう【一葉】

樋口ひぐち一葉

ひとは【一葉】

一枚の葉。いちよう。特に、落葉する桐きりの葉。 [季] 秋。 《 大寺の屋根に落ちたる-かな /内藤鳴雪 》
一隻の小舟。ひとはぶね。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

一葉 (イチヨウ)

植物。イチョウ科の落葉大高木,園芸植物,薬用植物。イチョウの別称

一葉 (イチヨウ)

学名:Prunus lannesiana
植物。バラ科の落葉高木

一葉 (ヒトツバ)

植物。マキ科の常緑針葉高木,園芸植物,薬用植物。イヌマキの別称

一葉 (ヒトツバ)

植物。エゴノキ科の落葉高木,園芸植物。ハクウンボクの別称

一葉 (ヒトツバ)

植物。ユリ科の多年草,園芸植物。ハランの別称

一葉 (ヒトツバ)

学名:Pyrrosia lingua
植物。ウラボシ科の常緑多年草,園芸植物,薬用植物

一葉 (ヒトツバ)

植物。カエデ科の落葉小高木。ヒトツバカエデの別称

一葉 (ヒトツバ)

植物。マンサク科の落葉低木,園芸植物。マルバノキの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

一葉の関連キーワードアルネート公式(臨床医学)一葉落ちて天下の秋を知る春秋軒一葉(初代)春秋軒一葉(3代)春秋軒一葉(2代)春秋軒一葉(7代)春秋軒一葉(4代)本松斎一得(初代)東京都台東区竜泉清水道啓(1)春秋庵一翁春草庵一枝千柳亭唐麿里松庵一寿田辺 夏子ヤエザクラ三陀羅法師千柳亭一葉からっきりおろおろ涙

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一葉の関連情報