学匠(読み)ガクショウ

デジタル大辞泉の解説

がく‐しょう〔‐シヤウ〕【学匠】

学問にすぐれていること。また、その人。
「能書(のうじょ)、―、弁説(べんぜつ)、人にすぐれて」〈徒然・六〇〉
学生(がくしょう)2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

がく‐しょう ‥シャウ【学匠】

〘名〙
※貞享版沙石集(1283)五「園幸教王房の法橋とて、寺法師の学ありけり」
学問に長じていること。また、その人。学者。ものしり。
※徒然草(1331頃)六〇「能書・学匠・弁説、人にすぐれて、宗の法燈なれば」
※随筆・折たく柴の記(1716頃)上「利根・気根・黄金の三ごんなくしては学匠になりがたし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学匠の関連情報