学校債(読み)がっこうさい

知恵蔵「学校債」の解説

学校債

学校法人等が割り当てにより発行する、その学校法人等を債務者とする金銭債権(指名債権でないものに限る)であって、一定の事項を表示する証券証書をいう。 従来の証券取引法が金融商品取引法と改められて、従来は有価証券とされていなかったさまざまな商品が、今後は有価証券と認められるようになった。学校債もその一類型である。金融商品取引法第2条1項では有価証券を列挙しているが、その中の21号では流通性その他の事情を勘案して、公益または投資者保護を確保することが、必要なものとして政令で定める証券・証書と定められている。学校債はこの類型であると解されている。

(吉川満 (株)大和総研常務理事 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉「学校債」の解説

がっこう‐さい〔ガクカウ‐〕【学校債】

私立学校が運営資金を調達するために、新入生や在学生を対象に発行する債券。ふつうは無利子で、卒業時に返還する。
[補説]金融商品取引法により、平成19年(2007)9月から総額1億円以上、500人以上に向けての発行には企業並みの財務内容の公開が義務となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android