コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孫晋泰 そんしんたい Son Chin‐t‘ae

1件 の用語解説(孫晋泰の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そんしんたい【孫晋泰 Son Chin‐t‘ae】

1900‐?
朝鮮の歴史・民俗学者。号は南滄。ソウルの出身。1927年早稲田大学文学部史学科を卒業。33年以降,延禧・普成両専門学校講師,45年ソウル大学校教授,49年ソウル大学校師範大学長,文理大学長を歴任し,50年朝鮮戦争で朝鮮民主主義人民共和国に連行後,消息不明。彼の史観は民族の発展だけでなく,その全構成員がすべて幸福になることを目ざす新民族主義で,主著は《韓国民族史概論》(1948),《国史大要》。1932年4月宋錫夏(そうしやくか)らとともに朝鮮民俗学会を創設。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の孫晋泰の言及

【蘇塗】より

…白鳥庫吉は古来東北諸族に行われた竿木崇拝の一形式であると解釈した。孫晋泰は蘇塗は朝鮮語sot(立つの意)の音訳で,本来〈そびえる木〉の意味で,別邑の入口に立てられ,境界神的性格をもつものであると説明した。現在では孫晋泰の説が一般に支持されている。…

※「孫晋泰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

孫晋泰の関連キーワード国立歴史民俗博物館三国史記増補文献備考民俗学大間知篤三土俗学武田明宮田登山口麻太郎和歌森太郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone