孫次郎(読み)マゴジロウ

大辞林 第三版の解説

まごじろう【孫次郎】

能面の一類型の名称。柔和な相貌の若い女面。鬘物かずらものなどの品のよい若い女役に用いられる。能面作家金剛孫次郎の名に由来する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まごじろう まごジラウ【孫次郎】

〘名〙 能面の女面の一つ。豊麗濃艷な若い女の面。金剛座大夫、孫次郎が美しかった亡妻の面影をしのびながら打ったと伝えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の孫次郎の言及

【能面】より

…喝食(かつしき),童子など美貌若年の面のなかにも,蟬丸や弱法師(よろぼし),猩々(しようじよう)といった特定面ができてくる。(4)は最も能面らしい表現のものといわれ,若い女面として小面(こおもて),増(ぞう),孫次郎,若女の4タイプがあり,それぞれ現在は流派によって使用を異にしている。やや老け役の面として曲見(しやくみ)と深井があり,これに霊性をもたせたものが泥眼(でいがん),増(十寸)髪(ますかみ),年たけた霊性のものとして霊女(れいのおんな),瘦女(やせおんな),老女,姥(うば)などがある。…

※「孫次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android