コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宅地建物取引業者 たくちたてものとりひきぎょうしゃ

2件 の用語解説(宅地建物取引業者の意味・用語解説を検索)

不動産用語辞典の解説

宅地建物取引業者

国土交通大臣または都道府県知事から宅地建物取引業を営むのに必要な免許の交付を受けて業を行う者を「宅地建物取引業者」といいます。
国や地方公共団体は、免許の交付なしに宅地建物取引業を営むことができます。
また、信託銀行および信託会社は、国土交通大臣に届け出をすれば、宅地建物取引業を営むことができます。

出典|不動産売買サイト【住友不動産販売】
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんたん不動産用語解説の解説

宅地建物取引業者

国土交通大臣又は、都道府県知事の免許を受けて宅地建物取引業を営む者のこと。不動産取引は、万一の場合には与える影響が大きく、特殊な取引なだけに、次の業務は免許を持った業者のみが営むことができるものとされている。(1)宅地/建物の売買/交換を自ら当事者として行うこと。(2)宅地/建物の売買/交換/賃借について、当事者を代理すること。(3)宅地/建物の売買/交換/賃借について、当事者に対して媒介を行うこと。また、1つの事務所に従業員5名毎に1名以上の専任の宅地建物取引主任者を置くことが義務づけられている。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宅地建物取引業者の関連キーワード一級河川調理師個人タクシー都道府県知事国土交通大臣狩猟免許国土交通大臣免許専任の取引主任者都道府県知事免許漁業権漁業

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宅地建物取引業者の関連情報