交付(読み)こうふ

精選版 日本国語大辞典「交付」の解説

こう‐ふ カウ‥【交付】

〘名〙
① 引きわたすこと。手わたすこと。また、通知すること。
※江戸繁昌記(1832‐36)五「妓、懐抱に向て、砕銀子を摸出し、郎に交付し道(い)ふ」
② 国や役所などが、手続をふませて金銭を供与したり書類を発行したりすること。
※郵便貯金規則(明治三八年)(1905)三二条「再度通帳の交付を請求せむとするときは」

まじらい‐つ・く まじらひ‥【交付】

[1] 〘自カ四〙 親しく交際する。まじわり親しむ。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「思さるる時は、めし出でて使ひなどすれば、程なくまじらひつきたり」
[2] 〘他カ下二〙 親しく交際をさせる。
落窪(10C後)二「君達御かへりみありて、これまじらひつけさせ給へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「交付」の解説

こう‐ふ〔カウ‐〕【交付】

[名](スル)役所や機関などが、一定の手続きをふんだ人に金銭を供与したり書類などを発行したりすること。「証明書を交付する」
[類語]給付支給追給発行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android