信託会社(読み)シンタクガイシャ

百科事典マイペディアの解説

信託会社【しんたくかいしゃ】

狭義には信託業法による免許を受けて信託業を営む会社。広義には担保付社債信託法により担保付社債信託業を営む銀行も,同法上は信託会社と呼ばれる。第2次大戦中と戦後インフレ期に専業信託会社は消滅し,現在の信託業は銀行法上の銀行が兼営する形で営まれている。→信託銀行
→関連項目信託信託財産

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しんたくがいしゃ【信託会社】

信託の引き受けを営業として行う会社。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんたく‐がいしゃ ‥グヮイシャ【信託会社】

〘名〙 信託の引き受けを業務とする会社。引き受け財産には、金銭・有価証券・動産・不動産などがある。〔商法(1899)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の信託会社の言及

【信託銀行】より

…高利回りの貯蓄商品を取り扱う金融機関としても知られている。信託銀行の前身は,1922年に制定された信託業法により営業免許を得た信託会社である。信託会社は第2次大戦前長期金融機関としての地位を誇っていたが,戦後顧客であった資産家層が崩壊し,主力商品であった長期貯蓄の金銭信託がインフレーションにより不振を続けたため苦境に陥った。…

※「信託会社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信託会社の関連情報