コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信託会社 シンタクガイシャ

3件 の用語解説(信託会社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんたく‐がいしゃ〔‐グワイシヤ〕【信託会社】

信託業法に基づき、免許を受けて信託業を営む株式会社

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

信託会社【しんたくかいしゃ】

狭義には信託業法による免許を受けて信託業を営む会社。広義には担保付社債信託法により担保付社債信託業を営む銀行も,同法上は信託会社呼ばれる。第2次大戦中と戦後インフレ期に専業信託会社は消滅し,現在の信託業は銀行法上の銀行が兼営する形で営まれている。
→関連項目信託信託財産

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しんたくがいしゃ【信託会社】

信託の引き受けを営業として行う会社。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の信託会社の言及

【信託銀行】より

…高利回りの貯蓄商品を取り扱う金融機関としても知られている。信託銀行の前身は,1922年に制定された信託業法により営業免許を得た信託会社である。信託会社は第2次大戦前長期金融機関としての地位を誇っていたが,戦後顧客であった資産家層が崩壊し,主力商品であった長期貯蓄の金銭信託がインフレーションにより不振を続けたため苦境に陥った。…

※「信託会社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

信託会社の関連キーワード金銭信託信託銀行特別法信託法・信託業法改正信託財産信託法金融商品取引業者信託業信託受益権あおぞら信託銀行

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

信託会社の関連情報