宅地建物取引業(読み)たくちたてものとりひきぎょう

不動産用語辞典「宅地建物取引業」の解説

宅地建物取引業

宅地建物取引」とは、宅地建物売買・交換を当事者として行ったり、売買・交換・賃借代理または媒介をすることを「業」とすることをいいます。
この場合の「業」とは、不特定かつ多数のを相手に、繰り返して取引を行うことを指します。例えば、会社の福利厚生課が社員のためだけに宅地建物の斡旋を行う場合は、特定の者を対象としているため、宅地建物取引業には該当しません。また、営利を目的としているかどうかは問題とされていません。

出典 不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「宅地建物取引業」の解説

宅地建物取引業
たくちたてものとりひきぎょう
real estate transaction industry

宅地建物取引業法に基づく建設大臣または,都道府県知事免許を受けて,宅地,建物の売買や交換,あるいは売買,交換,賃貸の代理や仲介といった業務を行なうものをいい,不動産業の中の主要産業である。宅地建物取引業にマンション管理業などを加えた不動産業は他産業と比較すると,自己資本比率が低い,中小零細性が著しい,参入退出率が高い,利益率が高い,従業員1人当たりの付加価値額がきわめて高い,などの特性を有している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「宅地建物取引業」の解説

たくちたてもの‐とりひきぎょう ‥とりひきゲフ【宅地建物取引業】

〘名〙 国土交通大臣または都道府県知事の免許を受けて宅地建物の取引を行なう営業。〔宅地建物取引業法(1952)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「宅地建物取引業」の解説

たくちたてもの‐とりひきぎょう〔‐とりひきゲフ〕【宅地建物取引業】

宅地・建物の取引を行う営業。国土交通大臣または都道府県知事の免許を受けることが必要。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android