宇佐美 毅(読み)ウサミ タケシ

20世紀日本人名事典の解説

宇佐美 毅
ウサミ タケシ

昭和期の官僚 元・宮内庁長官。



生年
明治36(1903)年12月9日

没年
平成3(1991)年1月19日

出生地
東京都新宿区

学歴〔年〕
東京帝大法学部政治学科〔昭和3年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等旭日大綬章〔昭和51年〕

経歴
東大英文科に入学、のち法学部に移る。昭和3年内務省に入省。12年造神宮主事となり、内相秘書官、鳥取県警察部長、東京都教育長などを歴任後、25年宮内庁次長、28年長官就任。以後24年間にわたって長官をつとめ、皇太子妃の決定、新宮殿造営などを手がけ、昭和天皇訪欧、訪米に随行した。53年参与となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

宇佐美 毅 (うさみ たけし)

生年月日:1903年12月9日
昭和時代の官僚。宮内庁長官;東京都教育庁
1991年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる