コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙検閲官仮説 cosmic censorship hypothes

1件 の用語解説(宇宙検閲官仮説の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

宇宙検閲官仮説【cosmic censorship hypothes】

ライスナー‐ノルトシュトリョームブラックホールのもつ電荷が臨界値に到達すると,外部地平面は収縮し,内部地平面は膨張してついに合一する.この臨界値を越えた電荷のブラックホールは「裸の特異点」が出現することになる.これは因果律の破綻などいろいろと不都合なことが起きる結果となるので,存在しないだろうという学説と,そのような「目にとまると具合の悪い」(はだかの)特異点を,超自然的な検閲官がいてヒトの眼に触れぬように隠しているのだという学説とがあり,後者を「宇宙検閲官仮説」と呼んでいる.この名称を提案したのはペンローズ(R. Penrose)だそうである.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇宙検閲官仮説の関連キーワードブラックジャックオールドブラックジョーフラッシュバック現象ホームライナーブラッコライトイスラエルの定理カー‐ニューマン解カー‐ニューマンブラックホールライスナー‐ノルドストリョームの解ブラック (black)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone