宇宙線研究所(読み)うちゅうせんけんきゅうじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇宙線研究所
うちゅうせんけんきゅうじょ

第2次世界大戦後,いちはやく再開された宇宙線研究を推進するため,1953年に全国共同利用の研究所として,東京大学に宇宙線観測所が設置されたが,これが 1976年に宇宙線研究所に発展した。乗鞍岳山頂や,山梨県明野に観測所をもつほか,岐阜県神岡には神岡宇宙素粒子研究施設がありニュートリノ観測装置カミオカンデ,さらにそれを大型化したスーパーカミオカンデを用いてニュートリノの観測を行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇宙線研究所の関連情報