宇賀・宇迦(読み)うが

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 (「うか」とも)
※浄瑠璃・源氏長久移徙悦(1685)五「別当僧正やや秘文を唱へ、うがの法を行ひ礼盤(らいはん)を下り」
② =うがじん(宇賀神)②〔名語記(1275)〕
[2]
[一] 島根県出雲市の奥宇賀、口宇賀、国富(くにどみ)にわたる地域の旧称。
[二] 北海道函館地区の旧称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android