宇賀神(読み)ウガジン

  • (通称)
  • うがしん

デジタル大辞泉の解説

《「うかじん」とも》
古来、人間に福徳をもたらすと考えられている福の神たちの総称。食物神・農業神ともされる。幸福・利益・知恵・財力の神とされている弁財天と同一視されることが多い。
1の宝冠の中に白い蛇があるところから》神として祭った白蛇。また、白蛇のこと。
《音が似ているところから》宇迦御魂(うかのみたま)異称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「うが」は「うけ(食)」の変化したもの。「うかじん」とも。→うか(食))
① 仏教で説く福の神の一つ。すべての衆生に福徳を授け、菩提に導くと信じられた。大弁才天。弁才天。弁天。
② (①が頭にかぶった宝冠の中に白い蛇がいるところから) 神としてまつった白蛇。また、白蛇のこと。
※看聞御記‐応永二三年(1416)七月二六日「去程に此白虵追日大に成けり。〈略〉此虵を取捨んと男しけるを、妻か云様、宇伽神にてあらは取捨へきやうやあると云けれは」
③ (音が似ているところから) 「うか(食)の御魂(みたま)」の異称。
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦一一(1761)宮二「宇賀神の形(なり)でかぢけたれいを振」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の宇賀神の言及

【倉稲魂】より

…ほとんど女神として語られるのは穀物をはぐくむのが女性としての大地だからであろう。現在にいたる民間信仰の世界では宇賀神(うがじん),オガノカミ,おうか様などの農神があり,いずれも倉稲魂より発したものである。穀霊【阪下 圭八】。…

※「宇賀神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android