礼盤(読み)れいばん

精選版 日本国語大辞典「礼盤」の解説

れい‐ばん【礼盤】

〘名〙
① 供え物を盛った器。また、その供え物。
※風俗画報‐九八号(1895)台湾風俗一班「結納には簪珥綢帛を送り、別に大餠豚肩糖品の属を具(そな)ふ。之れを礼盤(レイバン)と謂ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「礼盤」の解説

らいはん【礼盤】

仏事の法具名。天台系ではライバン,真言系ではライハンというなど,宗派により読み方が違う。法要の中心となる大壇(だいだん),護摩壇などのの前に据える導師の座席。高さ約30cmの箱形の座席で,上に半と称する正方形の畳を置く。礼盤の左側には脇机(わきづくえ)を置き,柄香炉(えごうろ),洒水(しやすい)に用いる洒水器・散杖,身を清める塗香器(ずこうき)などを置く。右側には通常,(けい)を釣った磬架(けいか)を置くが,護摩供(ごまく)では脇机を置き,に焚く護摩木(ごまぎ)(壇木(だんもく)と乳木(にゆうもく))・(火をあおぐ)などと,磬に代わる打鳴(うちならし)を置く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android