コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礼盤 ライバン

世界大百科事典 第2版の解説

らいはん【礼盤】

仏事の法具名。天台系ではライバン,真言系ではライハンというなど,宗派により読み方が違う。法要の中心となる大壇(だいだん),護摩壇などの壇の前に据える導師の座席。高さ約30cmの箱形の座席で,上に半畳と称する正方形の畳を置く。礼盤の左側には脇机(わきづくえ)を置き,柄香炉(えごうろ),洒水(しやすい)に用いる洒水器・散杖,身を清める塗香器(ずこうき)などを置く。右側には通常,(けい)を釣った磬架(けいか)を置くが,護摩供(ごまく)では脇机を置き,炉に焚く護摩木(ごまぎ)(壇木(だんもく)と乳木(にゆうもく))・箸・扇(火をあおぐ)などと,磬に代わる打鳴(うちならし)を置く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

らいばん【礼盤】

〔「らいはん」とも〕
導師が着座して礼拝読経する仏前の高座。須弥壇しゆみだんの前にあり、前に経机、右に磬けい、左に柄香炉を置く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

礼盤の関連キーワードフィッシャー(ドイツの彫刻家の一族)サンルフィーノ大聖堂ザンクトゲオルク教会フィレリモスの丘フィッシャー家シエナ大聖堂モザン美術リエージュチボリウムクエルチア曼陀羅供理趣三昧ピスキナ密教法具京仏具須弥壇洗礼堂荘厳具中尊寺天蓋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android