コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安万 あま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安万 あま

?-? 奈良時代の絵師。
黄文本実(きぶみの-ほんじつ)が唐(とう)(中国)の普光寺でうつしてかえった仏足跡図を,天平勝宝(てんぴょうしょうほう)5年(753)に書写した。これを文室浄三(ふんやの-きよみ)が仏足石にしたて,奈良薬師寺におさめたとつたえられる。姓は越田。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

安万の関連キーワード小治田安万侶墓誌奈良時代(年表)小治田安麻呂太安万侶墓誌『古事記』藤原三守本居宣長元明天皇版橈晃全稗田阿礼黄文本実太安麻呂太安万侶奈良時代太安麻侶新納忠元考古学古事記多品治都祁

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安万の関連情報