コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文室浄三 ふんやの きよみ

2件 の用語解説(文室浄三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文室浄三 ふんやの-きよみ

693-770 奈良時代の公卿(くぎょう)。
持統天皇7年生まれ。天武天皇の孫。長(ながの)皇子の王子。はじめ智努(ちぬ)王(珍努王)。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)4年文室真人(まひと)の氏姓をあたえられ,天平宝字元年参議。御史大夫(ぎょしたいふ)(大納言),従二位にすすむ。称徳天皇の死後,皇太子に推されたが固辞した。宝亀(ほうき)元年10月9日死去。78歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふんやのきよみ【文室浄三】

693‐770(持統7‐宝亀1)
奈良時代賜姓皇族。天武天皇の孫で,長親王の子。はじめ智努(ちぬ)王といい,717年(養老1)無位から従四位下,740年(天平12)正四位下となり,木工頭,造宮卿,造離宮司をへて,747年従三位,ついで元正上皇が没したさい御装束司となった。752年(天平勝宝4)文室真人を賜り,文室珍努とも称した。757年(天平宝字1)道祖(ふなど)王の廃皇太子に参画し,池田王を立てようとしたが,受け入れられなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の文室浄三の言及

【仏足石歌】より

…仏足石に刻まれた21首は万葉仮名で記され,仏足石を賛美する歌と仏教の教えをうたった歌とである。仏足石側面の記文によれば,753年(天平勝宝5)7月に,天武天皇の孫に当たる智努(ちぬ)王(文室浄三(ふんやのきよみ))が亡き夫人(または母)の追善のために建てたとある。ただし,歌碑がこのとき同時につくられたかどうかは不明である。…

※「文室浄三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文室浄三の関連キーワード宝亀尾張女王戒明春日宮天皇軽間鳥麻呂河辺東人紀宮子弘曜坂合部内親王修栄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文室浄三の関連情報